スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「飾り巻きずし」いかが もうすぐ節分 恵方巻き作りのついでに…(産経新聞)

 もうすぐ節分。恵方巻きを作るついでに、かわいい絵柄が楽しめる「飾り巻きずし」を親子で作るのも楽しそうだ。節分にちなんだ「鬼」柄と季節の花「梅」柄の作り方を、東京すしアカデミー(東京都新宿区)の川澄健専任講師に教えてもらった。(津川綾子)

                   ◇

 ◆工作感覚で子供と

 飾り巻きずしは、金太郎あめのように切り口が絵柄になるのが特徴。一見、普通の巻きずしより作るのが難しそうだが、「冷蔵庫にある材料で十分。手順さえつかめば子供と一緒に工作感覚で楽しめる」と川澄さん。柄によらず、作り方のパターンは(1)全形を四つ切りにしたのりで小分けのすし飯を巻き、パーツを作る(2)作ったパーツを、半切り(全形の半分)のりでまとめ太巻きに-が基本だ。

 まずは「梅」。すし飯に赤いものを混ぜて梅の色にするが、川澄さんは「梅干しをたたいてみりんでのばしたものや、桜でんぶ、たらこでも色の濃さや味はお好みで」。

 このすし飯で花びらになる細巻き5本を作る。四つ切りのりの中央に梅色のすし飯30グラムをのせ、縦に細長くのばし、巻きすで巻く。

 細巻き(花びら)を5本作ったら、半切りのりで梅の花にまとめる。のりの上に細巻き3本、芯(しん)になる山ゴボウ、細巻き2本の順で重ね、転がしながら巻く。巻きすを手のひらに乗せて持ち、細巻きを組むと巻きやすい。巻きすの端からご飯が飛び出すのを、ふきんでとんとんとたたいて押さえれば、梅模様の太巻きが完成だ。

 ◆にこやかな「鬼」

 次は「鬼」。とはいえ、笑顔がかわいい小鬼だ。すし飯にたらこを混ぜてピンク色にしたら、このすし飯でまずパーツ作りから。

 三日月形の目は、四つ切りのりで作った楕円(だえん)形の細巻き(すし飯30グラム)を縦半分に切って作る。口は、魚肉ソーセージを縦半分に切り、四つ切りのりを巻いて。鼻は「山ゴボウや野沢菜、たくあんなど何でも」(川澄さん)。

 次に、半切りのりでパーツを組んで太巻きにまとめる。「パーツのすき間を小分けのすし飯で埋め、表情を整えるのがコツ」だ。

 手順は、半切りのりの左右をそれぞれ幅3センチ空け、その間にすし飯60グラムを平たくのばす。この上にパーツを乗せていく。

 まず、目と目の間になる場所にすし飯10グラムを縦長に盛り、その両脇に目を据える。目と目の間に鼻の具材、鼻の両脇に縦長のすし飯10ずつグラム、その上に口を重ねていく。最後に30グラムのすし飯を盛り、あごの輪郭を作り、巻きすでぎゅっと巻く。ふきんで端を押さえ、巻きずしに2センチ間隔で包丁を入れると、切り口から笑顔の小鬼が登場した。皿に盛り、角型に切った卵焼きで角をつけて完成だ。

 切り口を美しく仕上げるコツは「表情が崩れないよう、どのパーツもしっかり手でご飯を押さえながらまとめておくこと。時々、巻きずしの端を見て表情をチェックして」と川澄さん。子供の遠足のキャラ弁にも使えそうだ。

【関連記事】
節分「招福巻」は普通名称 商標訴訟でイオンが逆転勝訴 大阪高裁判決
壬生狂言 絹ちりめん製の大幕を公開
ゆるキャラ「いしきりん」でPR 東大阪・石切神社の参道
野口さん、宇宙から「つぶやき」 日本文化発信へ
暴力行為増加、家庭教育に「格差」の影

50歳泥酔保護男が警察署内で放火(スポーツ報知)
中3男子、飛び降り自殺か=マンション踊り場に靴-愛知(時事通信)
信者暴行容疑 韓国籍の61歳牧師を逮捕 茨城県警(毎日新聞)
<スマトラ沖地震>引き金は潮汐力 防災科技研(毎日新聞)
<転落?>後藤真希さんの母親死亡 東京・江戸川区の自宅で(毎日新聞)
スポンサーサイト

<ニュース1週間>日本航空、会社更生法の適用申請/小林繁元投手急死(毎日新聞)

 今週(1月16日~22日)のニュースをまとめた。

 ◇日本航空、会社更生法の適用申請

 経営危機に陥っていた日本航空は19日、東京地裁に会社更生法の適用を申請した。負債総額は2兆3221億円(グループ2社含む)に上り、金融機関を除く事業会社の経営破綻(はたん)としては過去最大。日本を代表する航空会社だった日航だが、08年の金融危機後の航空需要の急減などに直撃され、自力再建の道を断たれた。官民共同出資の企業再生支援機構が申請直後に日航の支援を決定、グループで1万5700人の人員を削減するなどの事業再生計画を発表した。日航は公的管理に入り、機構は3年以内の再建を目指す。

 ◇足利事件再審、菅家さん取り調べテープ再生

 栃木県足利市で90年、4歳の女児が殺害された「足利事件」で無期懲役の判決を受け、昨年6月に釈放された菅家利和さん(63)の再審第5回公判が22日、宇都宮地裁(佐藤正信裁判長)で開かれ、菅家さんが足利事件を否認した翌日、検事の取り調べに再び自白する様子を録音したテープが再生された。菅家さんを取り調べた当時の宇都宮地検検事、森川大司氏の証人尋問も行われた。

 ◇海上自衛隊、インド洋での給油活動が終了

 海上自衛隊によるインド洋での給油活動は、16日午前0時に新テロ対策特別措置法が失効し、終了した。01年の米同時多発テロ以降「テロとの戦い」の一環として行われてきた約8年間の活動が幕を閉じた。01年12月から中断を挟んで約8年間の活動中、米英など12カ国に939回、約51万キロリットル(昨年10月末現在で約244億円)を給油した。艦艇延べ73隻、延べ約1万3000人を派遣した。

 ◇トヨタ、米国で230万台リコール

 トヨタ自動車は21日、踏み込んだアクセルペダルが元の位置に戻りにくくなるなどの不具合発生の可能性があるとして、米国で販売した「カローラ」や「カムリ」など約230万台の乗用車、スポーツタイプ多目的車(SUV)などについて、リコール(無償の回収・修理)を実施すると発表した。リコール対象となるのは計8車種。「カローラ」(09~10年型)などの乗用車4車種のほか、「RAV4」(09~10年型)「セコイア」(08~10年型)などSUV3車種とピックアップトラックの「タンドラ」(07~10年型)も含まれている。

 ◇水俣病訴訟、不知火患者会ら和解勧告

 水俣病不知火(しらぬい)患者会(熊本県水俣市、2600人)が国と熊本県、原因企業チッソ(東京都)を相手取り、1人850万円の損害賠償を求めた訴訟で、熊本地裁は22日午前、原告と被告双方に和解を勧告した。午後から和解協議が始まった。未認定患者の訴訟派のうち、9割以上を占める不知火患者会との合意が成立すれば、国が進める水俣病救済策は、実現に向けて加速することになる。不知火患者会は、未認定患者の主要5団体のうち、裁判での解決を求める「訴訟派」の最大組織。熊本のほか、東京や関西でも相次いだ水俣病関連訴訟で、国が和解協議に応じるのは初めて。

 ◇二所ノ関一門、貴乃花支持で6親方に離脱要求

 2月1日の日本相撲協会理事選挙(改選数10)に向けて、大相撲の二所ノ関一門の親方衆の会合が19日、東京都内で開かれ、一門を離脱して「無所属」で立候補する貴乃花親方(37)=元横綱=を支持する6人の親方に一門からの離脱を求め、事実上の「破門」を突き付けた。二所ノ関一門はこの日、放駒(61)=元大関・魁傑=と二所ノ関(61)=元関脇・金剛=の現職の親方2人を理事選挙の候補に決定。二所ノ関一門は「放駒・二所ノ関派」と「貴乃花派」の2派に分裂する異例の事態となった。6人の親方は、間垣(56)=元横綱・2代目若乃花▽常盤山(48)=元小結・隆三杉▽音羽山(38)=元大関・貴ノ浪▽大嶽(42)=元関脇・貴闘力▽二子山(49)=元十両・大竜▽阿武松(48、おうのまつ)=元関脇・益荒雄。

 ◇江川投手と交換トレード、小林繁元投手急死

 プロ野球の巨人、阪神で投手として活躍し、江川卓投手とのトレードで知られる現日本ハム投手コーチ、小林繁(こばやし・しげる)さんが17日、心不全のため福井市内の病院で死去した。57歳だった。72年巨人に入団。右横手投げの独特なフォームで活躍し、76年から2年連続で18勝をマークし、巨人のリーグ連覇に貢献。77年には沢村賞を獲得した。79年2月、「空白の一日」の騒動で、阪神といったん契約した江川卓投手との電撃的な交換トレードにより、阪神に移籍。そのシーズンは22勝を挙げて最多勝のタイトルを獲得し、2度目の沢村賞を受けた。昨年日本ハムの2軍投手コーチに就任し、今季から1軍投手コーチに昇格していた。

 ◇桑田真澄さんの父、火災で死亡

 17日午前4時20分ごろ、浜松市中区上島7、桑田泰次さん(67)方から出火、鉄骨2階建て店舗兼住宅約75平方メートルを全焼した。浜松中央署によると、焼け跡の2階から桑田さんの遺体が見つかった。桑田さんはプロ野球・巨人や米大リーグ・パイレーツの投手だった桑田真澄さん(41)の父で、死因は一酸化炭素中毒だった。前日夜、指導している地元の少年野球チームの仲間ら数人が集まり、桑田さんの誕生パーティーを開いたという。

 ◇毎日映画コンクール、大賞は「沈まぬ太陽」

 「第64回毎日映画コンクール」(主催・毎日新聞社、スポーツニッポン新聞社)の各賞が19日、発表された。日本映画大賞は、山崎豊子さんの小説が原作の映画化「沈まぬ太陽」(若松節朗監督)。男優主演賞は「ウルトラミラクルラブストーリー」の松山ケンイチさん、女優主演賞は「のんちゃんのり弁」の小西真奈美さんがそれぞれ選ばれた。

【関連ニュース】
<関連資料>足利事件:92年1月28日の地検聴取テープ(1)
<写真特集>桑田真澄の軌跡
<写真特集>貴重な写真で振り返る 小林繁さん熱投の軌跡
<昭和毎日>阪神と契約の江川、8時間後に巨人・小林とトレード
<写真特集>渡辺謙が号泣した「沈まぬ太陽」初日舞台あいさつの模様

2次補正予算が成立(時事通信)
太陽光発電、来年度買い取り価格は48円据え置き(産経新聞)
<ハイチ大地震>「救援自体が混乱」国際赤十字会長が帰国(毎日新聞)
谷垣氏が首相追及へ=衆院予算委で本格論戦スタート(時事通信)
泣きながら「すみません」=再び「自白」のテープ再生-足利再審公判(時事通信)

【足利再審】この日もテープ再生始まる 午後からは元検事尋問 第5回公判(産経新聞)

 平成2年に栃木県足利市で当時4歳の女児が殺害された「足利事件」の再審第5回公判が22日、宇都宮地裁(佐藤正信裁判長)で開かれ、21日に引き続き、当時、別の女児殺害事件で菅家利和さん(63)を取り調べた録音テープが法廷で再生された。

 この日午前に再生されるテープは、平成4年12月8日のテープ約2時間分。「足利事件」とは別の女児殺害事件について、菅家さんが宇都宮地検の森川大司・元検事の取り調べを受けた際のもの。調べの過程で、「足利事件」に関して菅家さんがいったんは否認しながらも、自白に転じる部分が収録されている。

 21日に再生された同12月7日分のテープでは、菅家さんは「本当にやっていないのなら構わない」とする元検事に問いに「やっていません」と涙ながらに「足利事件」を含むすべての事件を否認していた。

 午後からは森川元検事の証人尋問が行われる予定。

「何回言われても分かりません」涙をまじえ、否認を貫く菅家さん
「何ですか警察は怖いですしね」菅家さん自白の心境
「公平誠実に」最高裁判事に就任した白木勇氏が会見
感無量の音色響く…足利事件の菅家さんが故郷で除夜の鐘
足利事件、DNA型鑑定めぐり対立 予定を2時間超える

市バスが電柱に衝突、14人負傷=京都(時事通信)
小沢氏「毎度お騒がせしてます」(時事通信)
靴下フェチ男、300足ドロ!「下着には興味ない」(スポーツ報知)
進次郎氏、美人すぎる藤川市議に猛アタック!「心強い」…自民党大会(スポーツ報知)
レーザー光で顔の染み抜きは医療行為 エステ店経営者ら逮捕(産経新聞)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。